こんにちは!!

つかしんスタッフの山本です。

 

さて、運動を始めようと思った時に 「あれ?有酸素運動と無酸素運動。どっちをすればいいんだ?」 って考えたことはありませんか??

有酸素運動と無酸素運動は明確に目的が違います。

そこで今回はその違いを知り、結局は両方しなければならない事を悟って帰ってください(笑)

 

まず有酸素運動とは何か?というと、

軽い負荷で時間をかけてする運動のことを言い、軽い負荷ゆえに酸素を使います。酸素を使うからこそ、脂肪を燃焼させる効果があります。

つまり脂肪を燃焼させて、手っ取り早く痩せたければ有酸素運動がいいよねって話です。

脂肪の燃焼は時間がかかるので、軽い負荷&時間をかけるということで、ジョギング・ウォーキング、サイクリング、が最適なのです。

 

次に無酸素運動とは何か?というと、

短い時間かつ負荷の大きい運動のことをいいます。短い時間で爆発的なエネルギーを欲するので、無酸素運動では糖質を消費します。

無酸素運動の代表例では、短距離走や筋トレになります。

 

もう少し有酸素運動と無酸素運動の違いを簡単に言うと、酸素を吸う、吸わないという話ではなく、酸素を取り込めるかどうか、の話しになります。例えば全速力で走ると息があがりますよね?これは体中の酸素量が足りていないことを指し、これを無酸素状態=無酸素運動といいます。

つまり有酸素の代表格である例えばウォーキングも、息があがってしまえば、それは無酸素運動になるのです。

 

ではそれぞれのメリットを簡単にまとめると、

有酸素運動は脂肪を燃焼させることに特化しており、また心肺機能の向上の効果もあります。心肺機能が高くなればそれだけ酸素を多く取り込めるので持久力の向上、疲労減少、冷え性の改善に役立ちます。

無酸素運動は主に筋力の増強に特化しています。筋力が高くなると代謝が高くなります。代謝が高いという事は普段の日常生活の消費エネルギーが高くなるので痩せやすい体になるのです。また筋肉は水の貯蔵庫とも言われています。つまり熱中症対策や美容健康の基本といえるのです。美容に関して肌の質感や老廃物の除去、冷え性など影響があるので、筋トレは老若男女関係なく必要なのです。

 

以上

効率よく脂肪を燃焼させたければ有酸素運動

日常の生活(=有酸素運動)から勝手に痩せたかったら無酸素運動

どっちも必要であり、運動は一時期にするものではなく、一生しなくてはならないものなのです