こんにちは!!

つかしんスタッフの山本です。

 

せっかく運動しているのに、不調になっていく方を見ます。

その主な原因に 『たんぱく質不足』 があります。

 

まず、たんぱく質とは何かというと、

人間の体は70%が水だと言われています。残りの30%がたんぱく質でできています。

つまり、超重要な栄養素である、ということです。

 

ただこの、たんぱく質。

実は超足りていません。意識して摂取している人以外は100%足りていないといっても過言ではないでしょう。

足りないとどうなるのか??

はい、残りの30%の形成に不備が出る、ということですね(笑) 笑い事じゃないですけどね(汗)

不調、肌荒れ、抜け毛、、、などあらゆる不調はもしかしたらたんぱく不足が原因かもしれません。

っというのも歳を取ればとるほど、食が細くなりますよね??だから圧倒的たんぱく不足になりがちになるのです。

ダイエットだぁ~!!っといってご飯を食べないのも圧倒的タンパク不足を加速させます。

これがいわゆる 『老化』 の原因の1つです。

単にたんぱく質が足りていないのです。

 

さてさて、本題の 『その運動、無駄になっていませんか?』 について。

たんぱく質が足りていない状態で運動したらどうなるか知っていますか??

はい、筋肉を溶かしてエネルギー源にしちゃうんです。

怖いですよね~

運動しているのに筋肉量が低下するんです。なので代謝が落ちます。

疲労も回復しないので不調になります。

だから運動しても太るし、ケガをするし、コンディションもテンションも下がるので、運動をしている意味がなくなってしまいます。

食生活、気を付けてくださいね